トップページへ
*
活きびん維新の会(メーリングリスト)
活きびん維新
リターナブルびんの長所
リターナブルびんの現状
活きびん維新をめざして
活きびん維新四箇条
リターナブルびんとびん商
リターナブルびんをとりまく環境
リターナブルびんの現状
回収びんの一覧
Q&A これまでの質問より
リンク集
応援します
更新記録
*
全国びん商連合会
活きびん維新
----------
リターナブルびん最前線

国内事情

→リターナブルびん最前線 海外事情

規格統一300ml リターナブルびん  2002年11月

300mlリターナブルびん写真 日本酒造組合中央会は、酒びんの再使用化を推進するため、規格統一した容器として300mlRびんを開発し、組合員である清酒酒造会社に広く採用をはじめるよう働きかけをはじめた。300mlという容量は他の中小容量びんにくらべ、流通量が多く、業務用・家庭用ともに普及している。びんのデザインは、Rびんを採用する際に伴うびん詰めラインの改造が最小限になるよう配慮された。
 種類は無色(UVカット)、緑色(EG)、薄青(水色)の3色で重さ265g。普及すれば、清酒小瓶のリターナブル化が進むこととなる。

茅ヶ崎リターナブルワイン  2002年11月

茅ヶ崎リターナブルワインちらし表 茅ヶ崎リターナブルワインちらし裏

 茅ヶ崎市商店会連合会は平成14年11月よりリターナブルびんワインの発売を開始し
た。ワイン生産者・びん商・酒販卸の協力を得て、持続可能なエコシティ・茅ヶ崎の
創造を目指す。1本当たり50円のデポジットを課し、高い回収率を目指す。

全びん連の動き   

(H19.10)

 * 7  テレビ東京系番組「トコトンハテナ」/田村副会長のインタビュー放映。   

 * 8  日本テレビ系番組・内閣府広報の「びんの回収」/笠井常任理事のインタビュー放映。

(H20.11

 *29 「繰り返し使うびん応援コンテスト」で全びん連大賞にイラスト部門(京都在住・あしだ

     ためよし氏)の作品が受賞。(びん再使用ネットワーク主催)

                                                                                       

(H21.1)

 22  産経新聞「生活・環境欄」に今井会長と田村副会長のインタビュー記事掲載。            

(H21.10)

 *リターナブルびんを流通させるにはレンタルP箱が必要です。

 

2009年12月末 1.8KLびん在庫数量      

                                                             【単位c/s】
 

S C

JCR

F C

その他

合計

前年同期
北海道 49,543 1,777 1,163 611 53,094 63,766
東 北 166,945 43,440 42,398 93,458 346,241 466,224
新 潟 76,013 9,366 52,802 12,618 150,799 144,470
群 馬 11,385 901 3,456 426 16,168 37,087
栃 木 8,179 4,032 1,886 4,183 18,280 28,385
茨 城 10,234 6,449 2,577 1,370 20,630 19,298
埼 玉 17.210 7,860 3,840 5,680 34,590 33,880
千 葉 3,984 856 438 942 6,220 7,193
東 京 200,321 48,168 68,780 61,073 378,342 421,170
神奈食 22,346 6,138 8,502 4,003 40,989 42,204
神奈壜 1,869 253 426 778 3,326 4,015
山 梨 5,058 450 1,867 1,576 8,951 10,053
静 岡 13,748 1,230 1,081 5,650 21,709 39,439
中 部 69,610 12,519 14,167 17,800 114,096 131,119
北 陸 11,657 2,750 443 6,828 21,678 28,430
三 重 10,431 4,225 3,652 5,527 23,835 16,378
和歌山 8,525 2,571 1,083 854 13,033 21,883
京 都 170,414 42,138 7,136 6,841 226,529 324,057
大 阪 128,000 17,700 10,600 13,900 170,200 253,700
兵 庫 257,147 32,886 10,821 33,063 333,917 208,339
中四国 149,129 32,719 5,207 35,672 222,727 202,073
九州 312,850 60,208 28,955 224,454 626,467 507,369
合 計 1,704,598 338,636 271,280 537,307 2,851,821 3,010,532
前年同期 1,786,415 445,599 272,381 506,137 3,010,532

 

 

平成19年度1.8Lびん洗びん調査           2008年11月

全国びん商連合会は、会員洗びん事業者(37事業所)を対象に「平成18年度1.8Lびん洗びん調査」を実施し、集計結果をまとめた。酒類業界における紙パック、ペットボトル等の他素材容器への移行もあり、洗びん本数はここ数年減少傾向が続いている。

 1.8Lびんの洗壜及び不良本数                                  (単位:千本、%)
  平成17年度 平成18年度 平成19年度
地域  洗壜    本数   販売 本数  不良 本数 不良率%    洗壜 本数   販売 本数 不良本数 不良率%  洗壜  本数  販売 本数  不良 本数 不良率%
北海道・東北 11,853 11,216 670 5.7 12,312 11,688 886 7.2 12,211 11,965 957 7.8
関東 20,858 19,345 1,526 73 24,328 18,535 1,931 7.9 17,701 13,256 1,847 10.4
中部・関西 42,676 37,340 4,762 11.2 38,679 33,902 4,353 11.3 32,585 23,451 3,684 11.3
中四国 6,842 6,062 1,077 15.7 5,912 4,935 477 8.1 5,723 5,453 369 6.4
九州 25,791 24,529 1,280 5.0 27,809 26,314 1,768 6.4 28,513 26,358 2,060 7.2
108,020 98,492 9,315 8.6 109,040 95,374 9,415 8.6 96,733 85,483 8,917 9.2

 

 

 

2007年1月〜12月ガラスびん出荷量           2008年1月

                                                      出所:日刊食品通信

日本ガラスびん協会がまとめた昨年(1〜12)月のガラスびん出荷量は、トータルで68億5052万本、前年比2.1%減 となった。 種類別出荷量は下記の通り。

種       類

出荷量(千本)

前年比(%)
薬   瓶 287,584 97.7
小瓶ドリンク 1,870,589 99.2
化粧品瓶 99,369 101.9
食 料 瓶 838,855 94.5
調味料瓶 1,034,562 97.4
牛 乳 瓶 134,936 101.47

清酒瓶(1.8L)

66,785 102.1
同 (中小) 493,060 94.0
ビール瓶(大) 28,236 83.7
同 (中小) 92,965 85.0
ウイスキー瓶 56,472 96.85
焼 酎 瓶 147,864 97.1
その他洋雑酒瓶 191,774 101.2
飲料ドリンク瓶 887,194 102.7
飲料水瓶 630,275 97.0
輸 出 瓶 - -
合   計 6,850,520 97.9

 

 

1.8L壜再利用事業者協議会  2008年3月3日

 1.8Lびん使用本数および回収びん状況                                  単位:千本
  平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度
日本酒 195,130 176,932 152,690 148,259 136,375
焼酎(甲) 8,637 8,601 6,454 5,099 5,423
焼酎(乙) 65,764 72,741 76,642 86,978 70,840
みりん 7,265 6,300 5,501 5,455 5,045
しょうゆ 49,918 47,994 43,983 38,697 32,794
食用酢 11,899 9,884 8,882 8,112 6,658
その他 13,664 12,066 9,237 9,172 10,799
出荷量合計 352,277 334,518 303,389 301,772 267,934
新びん購入量 63,574 63,701 62,678 63,639 58,965
回収びん購入量 284,800 271,645 240,009 232,266 207,854
内びん商購入量 196,282 193,371 172,230 176,806 152,118

 

ビールの容器別・用途別出荷  2009年1月  

 ビール酒造組合は12月及び1〜12月の器別・用途別出荷を発表した。容器別では瓶の構成比の減少が続いている。缶は前年を割り込んで構成比較でも増加傾向から減に転じた。

 

〔容器別〕

12月

08年1〜12月(累計)

前年比(%)

構成比(%)

構成比増減

前年比(%)

構成比(%)

構成比増減

瓶 計

93,6 24,9 △0.6 9,12 23,2 △0,5

缶 計

93,9 49,0 1.0 91,6 45,4 △0,9

樽・タンク

102.0 26,1 1,6 98,1 31,4 1,4

合 計

95,8 100.0 0.0 93,5 100.0 0.0

〔用途別〕

前年比(%)

構成比(%)

構成比増減

前年比(%)

構成比(%)

構成比増減

業務用

100,0 41,3 1,7 96,8 45,6 1,6

家庭用

93,1 58,7 △1,7 90,8 54,4 △1,6

合 計

95.8 100.0 0.0 99.1 100.0 0.0

                                                                              出所:酒類飲料日報

 

容器包装リサイクル法(容リ法)の見直しに係わる

                    全びん連のパブリックコメント  2005年8月  

容リ法の見直しについては、現在環境省、経済産業省の両省審議会で審議がなされ「中間とりまとめ案」が公表されております。全びん連は環境省の審議会である中央環境審議会に下記のパブリックコメントを提出しました。(経済産業省の審議会にも同様の内容で提出しております。)


 

平成17年7月29

環境省廃棄物・リサイクル対策部

    企画課リサイクル推進室 御中

全国びん商連合会

会 長 今井一夫

 

容器包装リサイクル制度見直しに係る中間取りまとめ案について

 国は循環型社会の構築を目指し、平成13年1月循環型社会形成推進基本法(循環基本法)を施行し、基本理念としてリデュース、リユース、リサイクルという3Rの優先順位を明記しております。 一方、現行容器包装リサイクル法(容リ法)では、3Rの政策に基づいたリデュース、リユース優先の記述がされておりません。このためワンウェイびんや紙パック、ペットボトル等他素材容器での出荷もあって、ゴミ減量効果があり、環境負荷が少ないリターナブルびんは減少傾向が続いております。

この度の容リ法の見直しにおいては、今後の持続可能な循環型社会の形成に向けてリデュース・リユース優先の具体的施策が盛り込まれることが求められていると考えます。長年にわたり回収現場に携わってきた当連合会として、以下の事項を提言・要望申し上げます。

                    記

  1. P11〜「(3)市町村によるリターナブル瓶の分別収集の推進」

     リターナブルびんを分別基準適合物として位置付け、市町村による回収

     は混合収集ではなく、素材別に分別収集をすることに統一すべきと考え

     ます。

     リターナブルびんは現在、分別基準適合物に位置付けられていないこと

     から市町村によっては混合収集している場合もある。家庭で消費された

     リターナブルびんを生きびんとしての回収と資源物の品質維持からも市

     町村回収は分別収集に統一すべきと考えます。ガラスびんはガラスびん

     だけでコンテナ等で分別回収し、リターナブルびんを選別、再使用に回

     すべきと考えます。

 

  1. P10〜「1.発生抑制及び再使用の推進」

  P12〜「(8)特定事業者の自主的取組みに係る優遇措置の創設」

  リターナブル容器の導入促進の具体策として、酒類飲料の各業界におい

  て、12種類の共通Rびん(規格統一びん)の設定を要望致します。

     また、再使用容器採用の中身メーカー・流通事業者には、回収助成金、

     税制面等で優遇措置を講じることも必要と考えます。

   

      現在、例えば清酒、焼酎、ワイン等の容器で容量、外形が殆ど同じで

     あるにも拘らず口径部分等を少々差別化してワンウェイびんとして、何

     種類も出荷されております。これらのびんを共通Rびんとして設定し、

     繰り返し使用出来るようにすべきであると考えます。

     共通Rびん候補として以下のびんが考えられます。

       〇清酒:720ml標準型、ワンカップ  〇ワイン:720ボルドー型

       〇焼酎:900ml、720ml     〇醤油:1000ml、500ml

       〇 900ml、500ml   〇ジュース:1000ml、500ml

       〇牛乳:1000ml、200ml 〇ミネラルウォーター:1000ml等

            ※ 醤油、酢、ソース等は共通化可能

            ※ ジュース、ミネラルウォーターの共通化

 

       1. P13〜「(10)自主回収認定基準の弾力的な運用」

     リユース拡大のインセンティブの為に自主回収認定条件を緩和・引下

      げを検討すべきと考えます。

      リユース拡大は唯一の有効なリデュースの手段と考えます。緩和した

     場合、「回収率の低いリターナブル容器を認定し、再商品化義務を免除

      した場合、自治体回収に回るリターナブル容器相当量の再商品化費用

     について特定事業者や自治体の負担になる」との議論もあるが、自治

     体において分別回収が完全に実施され、びん商等が選別すれば、品質

     の良いリターナブルびんが排出され、生きびんとしてメーカーに回り

     特定事業者に負担を掛けないと考えております。

 

  1. P11〜「(4)公的施設等におけるリターナブル容器の導入促進」

     公的施設等におけるリターナブル容器の導入促進に賛同致します。

     流通市場においてリターナブル容器が減少する中で、公的施設等での

     優先的導入は社会的な効果が大きいと考えられます。又、リターナブ

     ル容器の利用と回収が容易であり、実効性、社会的コストを考慮した

     場合でも優先的導入を検討すべきと考えます。

 

  1. 12〜「(7)発生抑制・再使用に係る業界ごとの指針の策定や達成

     状況の報告・公表等による事業者の自主的取組の促進」

     発生抑制・再使用に係る業界ごとの指針の策定や達成状況の報告・公

     表による事業者の自主的取組みを促進することに賛同致します。

      事業者は容器包装を利用した製品出荷を行うことから、容器包装の

     利用・採用を決定する立場にある。こうした立場にある事業者が自主

     的に発生抑制・再使用に係る目標計画を設定し、報告・公表すること

     が必要と考えます。

     この目標計画の中に、発生抑制の唯一の有効な手段と言われ、また国

     でも利用促進を計画しているリターナブル容器に関する策定も入れる 

     べきと考えます。

 

  1. P18〜「B店頭回収や集団回収の位置付け」

     スーパー等の店頭回収は今後も促進していくべきと考えます。

     一般消費者の生活用品購入経路がこれまでの商店街等の小売店から

     スーパー、DS等大型店での比重が高まる中で、こうした大型店舗

     での回収拠点の活用が必要と考えます。また、現在自主的にされて

     いる店頭回収では、品質の良い資源物が回収されており、住民の意

     識向上、環境教育の観点からも有益と考えます。

     一方で、店頭回収の促進の為に、再商品化義務量算定の控除範囲の

     拡大等経済的なインセンティブを付与することも検討すべきと考え

     ます。

 

  1. リターナブルびんはプラスチック箱(P箱)での出荷が必要と考

  えます。

     リターナブルびんの普及、びんの品質維持、搬送、作業効率等を考慮

     すれば、リターナブルびんはP箱での出荷が必要と考えます。

                                                        以上


リターナブルびんをとりまく環境← →リターナブルびん最前線 海外事情

----------
問い合わせは「全国びん商連合会」E-mail:info@zenbin.ne.jp TEL 03-3551-5238 まで